素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

プロレス

こんにちは。 

 

今回は私が格闘技にハマったきっかけのプロレスについて語りたいと思います。

私がハマった時のプロレスの話です。

 

私がプロレスを見始めた時期は確か2009年頃です。

 

年代で言っても分かりにくいのでその時のプロレスの覚えていることを語ります。

 

プロレスを見始めたというか、深夜に放送されていたワールドプロレスリングを見始め、その時は棚橋中邑真壁後藤が四天王と言われていて、ワールドプロレスリングのオープニングもその四人が中心的に映っていました。

 

中邑のくねくねはほぼありませんでしたし、真壁は今みたいに人差し指ではなくちゃんと中指を立てていました。

 

スイーツ真壁なんかまったく考えられなかったです。

 

現在新日本プロレスの中心選手の内藤NoLimitという高橋裕次郎とのタッグを組み、オカダカズチカ高橋ヒロムはヤングライオンでした。

 

この前実家に帰った時、私が見始めた時のワールドプロレスリングをダビングしたBDを見つけました。再生してみるとやばい試合ばかりでした。

 

なんとブッチャーが試合をしていました。

矢野石井飯塚ブッチャーVS蝶野長州中西リーファンク

リーファンクについては私は世代ではないのでよくわかりませんでしたが会場の歓声を聞く限りすごいレスラーなんだなと感じました。

 

もちろんブッチャーも世代ではないですが、ブッチャーのことはなぜか分かります。

見た目やファイトスタイルのせいだと思います。

 

またそのBDには、NOAH丸藤正道VS新日本プリンスデヴィットもありました。

今は団体の垣根を超えた試合は実現不可能なのでしょうか。

 

丸藤もデヴィットも今でも大好きプロレスラーです。

この二人は本当に天才だと思います。

 

いつかもう一度この二人の戦いを見たいです。

 

当時私は内藤や丸藤やデヴィットと同じくらい好きなレスラーがいました。

 

それはカールアンダーソンです。

 

次はカールアンダーソンについて語りたいと思います。

 

終わります。