素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

カール・アンダーソン

こんにちは。

 

今回は私が好きなプロレスラーの一人を語りたいと思います。好きなプロレスラーは何人かいますが、今回紹介するプロレスラーは特に好きです。

 

そのプロレスラーはザ・マシンガンことカール・アンダーソンです。

 

アンダーソンはアメリカ出身の40歳、現在はアメリカにあるインパクレスリンという団体に所属しています。過去には新日本プロレスWWEなどに所属していました。

 

私がアンダーソンを知ったのは新日本プロレスに所属していた時です。当時はジャイアント・バーナードとタッグを組みIWGPタッグ王座を獲得するなど、新日本プロレスの中心選手の一人でした。

 

ちなみにバーナードは現在WWEのコーチをしているらしいです。

 

バーナードとのタッグの解消後はドク・ギャローズとタッグを組み再びIWGP王座となり、現在もthe good brothersとして二人で活躍しています。

 

私は2013年ごろからプロレスを見なくなったのでギャローズとのタッグやWWEでの活躍を知りません。

 

なので今回語るのは2009年から2013年までと、最近のアンダーソンです。

 

私がアンダーソンを好きになった理由はプロレスがとても上手だったからです。

 

私が見ていた時の外国人選手はどうしても力技であったり、色々と雑でしたが、アンダーソンはめちゃくちゃ上手でした。

 

最近の外国人レスラーは上手な人ばかりですよね。

 

外道も自身の本でアンダーソンをべた褒めしていました。アンダーソンはどんな相手でも面白い試合ができるプロレスラーだ、的なことを言っていました。

 

私もほんとにそう思います。

 

特に魅力的なところは「やられ方」です。

 

格闘技において最も華があるのは必殺技などの攻撃ですが、アンダーソンに関しては「やられ方」に華があります。アンダーソンの「やられ方」だけで十分お金が取れます。おそらく、アンダーソンに技をかけるプロレスラーは最高に気持ちがいいと思います。

 

もちろんアンダーソンの攻撃もすごいです。例えばアンダーソンの代名詞である「ガンスタン」はどの選手のガンスタンよりかっこよく、見惚れます。

 

もっと細かいところを言うと、アンダーソンが技をかける時、かけられる時の声もかなり見ている側の気分を高めてくれていると思います。あの声のトーンがすごい好きです。

 

あと表情も素晴らしいです。プロレスラーは格闘家でもあり、エンターテイナーでもあり、表現者でもあると思っています。アンダーソンの表情一つでその場の状況が分かります。

 

そんなアンダーソンが私が見なくなったあと、WWEに引き抜かれてしまいます。

 

前述したようにWWEでのアンダーソンの活躍を知りません。そのため、アンダーソンがWWEを解雇されたことに納得がいきません。あれほどの上手なプロレスラーはあまりいない気がしますが、WWEにはもっとすごい人がいるのでしょうか。

 

しかし、これはアンダーソンが新日本プロレスに帰ってくるチャンスだと思っていました。そしてSNSでも日本に帰ってくることを匂わすような投稿をしていました。

 

もう一度セルリアンブルーのリングで見れると思っていましたが、おそらくコロナの影響でそのチャンスは無くなりました。

 

現在はインパクレスリングで、ギャローズとタッグを組んで活躍しています。最近は元新日本プロレス所属選手のケニー・オメガと絡んでいる写真もあり、新日本プロレスファンとしては嬉しかったです。

 

時々SNS新日本プロレスのことを投稿しているので、日本に帰ってくる可能性は高いと思います。

 

あと、SNS からアンダーソンはめちゃくちゃいいパパということが分かります。

 

今回は私の大好きなプロレスラーの一人であるカール・アンダーソンを語りました。

 

この他にも語りたいプロレスラーはたくさんいるのでこれからも語っていきたいと思います。

 

終わります。