素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

UFC258 感想戦

こんにちは。

 

今回は日本時間2月14日に行われたUFC258の感想を語っていきたいと思います。

 

試合前の予想などは下の記事で語っています。

kimurarock.hatenadiary.jp

kimurarock.hatenadiary.jp

 

今回注目していた試合はメインのウェルター級タイトルマッチ、カマル・ウスマンVSギルバート・バーンズです。

 

UFC無敗のウスマンに、バーンズがどのような戦い方をするのかが気になるポイントでした。

 

試合前日の公開計量の時は、チームメイトであるにも関わらずバチバチに、にらみ合い、握手もしませんでした。

 

試合開始直前の向き合った時もタッチグローブを交わさず、両者の本気度がうかがえました。

 

試合開始早々、バーンズがパンチを打ちます。その後バーンズがプレッシャーをかける展開が続きます。

 

そしてバーンズの右のパンチがヒットします。

 

ウスマンは効いたのか、足を滑らしたのか分かりませんが体勢を崩し、バーンズは打撃を与えますが、ウスマンは堪えます。

 

その後もパンチや膝による打撃がヒットし、ウスマンとの打撃の差をあまり感じませんでした。

 

その後バーンズがハイキックを出し、体勢を崩しバーンズは下になりますが、ウスマンはグラウンドの攻防を避け、寝ているバーンズに対してキックを打ちます。

 

動きが無くなりましたが、なかなかレフェリーがバーンズを立たせず、動きのない試合を続行させます。

 

このような場合、レフェリーが一時試合を止め、寝ているファイターを立たせます。おそらく今回のレフェリーは、まだ動きがあると判断したのだと思います。

 

バーンズもレフェリーを見る場面がありましたが、レフェリーはアクションを起こさないため、何とか自力で立ち上がり、スタンドの展開になります。

 

1Rは意外にもバーンズが取ったと思いました。

 

 

しかし、2Rになるとウスマンのジャブが当たり始めます。ウスマンはリーチが長く、バーンズのパンチは当たらず、ウスマンの打撃が当たるようになります。

 

そして今度はウスマンの右のパンチがヒットします。バーンズは効いてしまいますが、ウスマンはフィニッシュまではいけません。

 

その後1R同様、バーンズが下になり動きのない展開になりバーンズは回復します。

 

2Rは何回かバーンズが、テイクダウンディフェンス100%を誇るウスマンにテイクダウンを仕掛けますが、防がれます。

 

3Rになると完全にウスマンのペースになります。

 

ウスマンのジャブでバーンズはダウンします。

 

ジャブでダウンさせるウスマンのパンチ力に驚きましたが、おそらく今までの打撃の蓄積があったと思います。

 

ダウンしたバーンズにパウンドのパンチを浴びせたところでレフェリーが試合を止め、ウスマンが勝利しました。

 

スタンドの展開ではウスマンに分があるため、ウスマンが勝つと予想していました。

 

1Rのバーンズの打撃を見て、ウスマンと差はないかもしれないと思いましたが、終わってみるとやはりウスマンの打撃の方が上手だったと思います。

 

それでもバーンズは打たれ強いので、判定までもつれると思っていましたが、ウスマンが強かったです。

 

試合後、バーンズは涙を流し、ウスマンも涙を浮かべる場面がありました。

 

バーンズとチームメイトと思われるウスマンのセコンドも、勝利した瞬間は素直に喜べていませんでした。

 

他人の私も複雑な感情を抱きました。

 

これでウスマンのUFC無敗記録は続くことになりました。

 

ウスマンは試合後のインタビューで、ウェルター級ランキング4位のホルヘ・マスヴィダルに対戦を呼びかけました。

 

前回戦った時は、マスヴィダルが十分な準備期間が無かった中での勝利だったため両者満足していなかったと思います。

 

マスヴィダルは試合六日前のオファーにも関わらず、ウスマンと5分5R戦い抜きました。

 

しっかりと準備する時間を取ることができると、ウスマンを倒すことができるかもしれません。

 

しかし今回のウスマンの試合を見ると、誰もウスマンに敵わないような気がします。

 

レスリングだけでなく、打撃も強く弱点が見えません。

 

ウェルター級は化け物揃いですが、その化け物の中でもウスマンはとび抜けていると思います。

 

またウェルター級のトップ選手はSNSやメディアで様々な対戦が噂されています。

 

ウェルター級ランキング3位のレオン・エドワーズと対戦予定だった、カムザット・チマエフがコロナ感染後の不調を理由に欠場したことをうけ、ランキング5位のティーブン・トンプソンSNSエドワーズとの対戦を要求しました。

 

しかい、エドワーズはネイト・ディアスとの対戦をアピールしました。さらに、UFCの社長のデイナ・ホワイトはランキング2位のコルビー・コヴィントンエドワーズを対戦させるということを発言しています。

 

おそらくトップ選手同士で潰しあい、最後まで残ったファイターがウスマンと対戦することになると思います。

 

反対にバーンズは今後もウェルター級で戦うのか、ライト級で戦うのか分かりませんが、どちらの階級でもタイトルに絡んでいくファイターだと思います。

 

もしライト級にいくと、ライト級の層がより厚くなりそうです。

 

UFC258は注目していた試合がメインイベントの一つしかありませんでしたが、十分面白かったです。

 

セミメインイベントの前の試合では、連敗中だったケルヴィン・ガステラムが判定で勝利し、なんとか悪い流れを断ち切ることができました。

 

来月はUFC259260が行われます。すでにワクワクしています。そのワクワクはまた語りたいと思います。

 

終わります。