素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

Rizin27

こんにちは。

 

今回は先日発表があったRizin27について語りたいと思います。

 

2020年の大晦日に行われた大会以来の大会になります。

 

今回発表された試合は全部で10試合で、いくつか意外な顔が並びました。

 

UFCファイターの徳留一樹堀江圭功や他団体のチャンピオンなど、勝負論がありそうな試合ばかりでとても面白くなりそうです。

 

その中でも私が注目している試合は二試合あります。

 

一つ目はライト級マッチ、ホベルト・サトシ・ソウザVS徳留一樹、二つ目はフェザー級マッチ、クレベル・コイケVS摩嶋一整です。

 

一試合目のソウザVS徳留は、かなり注目度が高い試合だと思います。

 

実力者同士の戦いは様々な試合展開が予想されます。

 

ソウザは柔術が得意で、柔術界の至宝と呼ばれているほどです。しかし、Rizinでの勝利は全て打撃によるフィニッシュで、打撃も強いことが分かります。

 

ソウザの打撃が当たる時は、おそらくソウザの柔術を警戒することで打撃に対する意識が一時的に低くなるんだと思います。

 

ソウザはもう少し打撃が上手になって、柔術と混ぜて戦うことができるようになるとUFCでも戦えるポテンシャルを持つファイターだと思います。

 

そのぐらい柔術が強いということは、強力な武器だと思います。

 

対する徳留も柔術が得意なファイターで現在はOne championshipを主戦場として戦っています。

 

また、以前はUFCでも戦っていて、Rizinに出場していたジョニー・ケースなどと対戦しています。

 

実績・実力ともに日本人ファイターの中ではトップクラスだと思いますが、現在連敗中です。

 

パンクラスライト級チャンピオンでRizin27に出場予定の久米鷹介や現Oneライト級チャンピオンのクリスチャン・リーなどに敗戦しています

 

そして今回のソウザもかなり強い相手だと思います。

 

連敗中の今、今回の試合は勝って悪い流れを断ち切ってほしいと思います。

 

またソウザと徳留は、クインテットという柔術の大会で、同じチームで戦っています。MMAの柔術とクインテットでの柔術では違いがありますが、お互いの得意な点、苦手な点は把握していると思います。

 

そのようなことも、この試合の楽しみな部分です。

 

二つ目の注目してる試合は、最近Rizinで熱くなってきたフェザー級の試合になります。

 

クレベル、摩嶋両者とも今回の試合がRizin二戦目になります。初戦は、クレベルは勝利しましたが、摩嶋は現Rizinフェザー級チャンピオンの斎藤裕に敗戦しています。

 

噂では、今年はRizinでフェザー級GPが行われるらしいです。そのため、その大会の出場するために今回の試合はお互い絶対に落とせないと思います。

 

この試合も両者寝技が得意なファイターのため、試合では高いレベルの寝技の攻防が見れるかもしれません。

 

お互いに他団体ではチャンピオンになった経験があるなど、実力者同士の戦いです。

 

この試合の勝者は間違いなくフェザー級GPに出場することになると思います。

 

現在Rizinのフェザー級で、人気度やRizinでの戦績的にGPに近い選手は斎藤、朝倉未来萩原京平ウガール・ケラモフ、ここら辺のファイターだと思います。

 

残りのRizinフェザー級ファイターは皆同じ位置にいると思います。今後の試合によってフェザー級GPに出れるか決まってきます。

 

またBellatorと協力関係にあるため、Bellatorのフェザー級ファイターが参戦することも考えられます。

 

その場合、Rizinに出場経験のあるダリオン・コールドウェルやフェザー級GPのパトリシオ・ピットブルに負けたペドロ・カルバーリョなど、ベスト8に入っているファイターが参戦してほしいです。

 

パトリシオがGPに参戦するという話がありますが、パトリシオが参戦したらRizinファイターが誰も太刀打ちできません。

 

そのためパトリシオの参戦はないかと思います。

 

 コロナの状況によって海外選手の参加は決まると思いますが、2021年2月現在では海外選手も参加することが可能なのかなと思います。

 

またRizinのバンダム級やライト級のファイターが参戦するのも面白いと思います。

 

Rizin27ではこの二つの注目している試合以外にも楽しみなカードはいくつかあります。

 

DEEPチャンピオンの武田光司VSパンクラスチャンピオンの久米や、メインイベントでは女子スーパーアトム級タイトルマッチとして浜崎朱加VS浅倉カンナが行われます。

 

武田が25歳ということにビビりました。

 

そして今回の大会唯一の重量級の試合として、スダリオ剛VS宮本和志があります。

 

外国人選手が入ってこれない中、重量級の試合を組むことは難しいと思いますが、スダリオは毎回プロレスラーと対戦している気がします。

 

しかし、日本人としては貴重なヘビー級のファイターなので今後もRizinで戦ってほしいです。

 

試合展開の予想はまた今度語りたいと思います。

 

終わります。