素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

UFC FightNight ホーゼンストライクVSガーヌ 感想戦

 こんにちは。

 

今回は日本時間2月28日に行われたUFCFightNightについて語りたいと思います。

 

試合前の予想などは下の記事で語っています。

www.kimurarock.com

 

今回注目していた試合はメインイベントのヘビー級マッチ、ジャルジーニョ・ホーゼンストライクVSシリル・ガーヌです。

 

今後のヘビー級のタイトル戦線に向けて重要な試合になります。

 

ランキング的にはホーゼンストライクの方が格上ですが、私はガーヌが勝つ可能性の方が高いと予想していました。

 

 1Rが始まると予想通り見合う展開が続きます。それでもガーヌがジャブをいくつかヒットさせ、終盤にはテイクダウンを取ったため、1Rはガーヌが取ったと思います。

 

2Rは1Rに比べるとお互いに手数が増えましたが、打ち合いまではいきません。

 

2Rの終盤、ガーヌがケージ際でホーゼンストライクのバックをとり、チョークを狙いますが、スタンドの状況だったため、上手く極まりません。

 

ガーヌはジャブやローキック、テイクダウンなど様々な攻撃を交えて戦いますが、ホーゼンストライクはカウンターのパンチだけを狙っているように見えます。

 

そのような展開が3Rも続きます。ホーゼンストライクのカウンターのパンチがヒットしそうになりますが、ガーヌは何とか堪えます。

 

また、ガーヌは危険だと感じると、組み付き、パンチをもらわないようにしていました。

 

4Rの以降は完全にガーヌの世界でした。1,2,3Rは慎重に戦っていましたが、4Rになると、近い距離でも落ち着いて戦えているように見えました。

 

近い距離で戦えるようになったため、ガーヌはホーゼンストライクの左手を掴むなどして、ホーゼンストライクはとても戦いづらそうでした。

 

またガーヌは膝蹴りをヒットさせるなど、攻撃の幅の広さを見せます。

 

5Rもガーヌが攻め続け、後半は組みの展開が続き試合が終了します。

 

予想通り判定でガーヌが勝利しました。

 

全ラウンドでガーヌがホーゼンストライクをコントロールし、ガーヌの完勝だったと思います。

 

今回の試合でますますガーヌの強さが証明され、今後のタイトル戦線が楽しみになってきました。

 

さらに、ガーヌの弱点が未だ分かりません。打撃も寝技も試合運びも、全て上手だと思います。

 

今後ランキング2位のデリック・ルイスなどと戦うと思いますが、倒せる実力はあると思います。

 

今後のガーヌがとても楽しみです。

 

反対にホーゼンストライクはもう少し、打ち合うべきだったかなと思います。

 

特に試合開始直後や終盤のガーヌとの距離が近い場面ではもう少し積極的にいってほしかったです。

 

パンチ力は確実に、ヘビー級ファイターの中でもトップクラスだと思うので、今後もタイトルに絡むファイターになってほしいです。

 

先週と今日のUFCFightNightでヘビー級ランキングが入れ替わり、カオスになってきました。

 

来月のUFC260ではヘビー級のタイトルマッチが行われます。先週のヘビー級マッチの勝者ルイスと今日のヘビー級マッチの勝者ガーヌは、このタイトルマッチの敗者と戦うことが予想されます。

 

もしくは、ルイスとガーヌが戦うことも考えられます。どちらにしてもタイトルマッチに向けて、ルイスとガーヌはあと一歩の位置にいます。

 

そのため両者次の試合は絶対に落とせません。かなり気合を入れて試合に臨むと思うので、両者の次の試合はとても楽しみです。

 

ヘビー級らしいド派手なKOは見られませんでしたが、高いレベルの試合が見れて良かったです。

 

そして来週はついにUFC259です。三階級のタイトルマッチが行われます。

 

UFC259の注目試合の展開予想はまた語りたいと思います。

 

終わります。