素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

UFC FightNight エドワーズVSムハマッド 感想戦

こんにちは。

 

今回は日本時間3月14日に行われたUFCFightNightについて語りたいと思います。

 

試合前の予想などは下の記事で語っています。

www.kimurarock.com

  

今回注目していた試合はメインイベントのウェルター級マッチ、レオン・エドワーズVSベラル・ムハマッドです。

 

ウェルター級ランキング3位のエドワーズと13位のムハマッドは、一見差がありそうですが、実際はそこまでレベルの違いはなく、お互い勝利する可能性がありました。

 

その中でもエドワーズが有利に試合を進め、エドワーズが判定で勝利すると予想していました。

 

1Rはやはり、ランキング上位のエドワーズが試合を有利に進めます。

 

また予想通り、エドワーズの左のパンチがヒットします。やはりムハマッドはサウスポーが苦手なのかもしれません。

 

一度組み付き、レスリングの展開になると、ムハマッドも負けていませんでした。離れ際には、肘の攻撃をヒットさせます。

 

その後エドワーズはハイキックをヒットさせます。ムハマッドは頭から出血してしまいます。

 

このハイキックの前に一度ハイキックを出していましたが、前のハイキックとは違う動きからのハイキックで、エドワーズの上手さを再認識しました。

 

エドワーズは仕留めようとしますが、ムハマッドはなんとか耐えて1Rは終了します。

 

 ハイキックだけでなく、パンチもいくつかヒットさせていたため1Rはエドワーズが取ったと思います。

 

2R開始直後、エドワーズはミドルキックを出したときに、エドワーズの左手がムハマッドの右目を直撃し、ノーコンテストとなりました。

 

メインイベントでノーコンテストとなってしまうとかなり冷めます。メインイベントまでの試合は衝撃のKOもあるなど良い大会でした。

 

またエドワーズも有利に試合を進めていたため、もったいない試合になりました。

 

エドワーズは今回の試合に勝利して、タイトルマッチに挑戦してほしかったですが、残念です。

 

しかし、ダメージは無さそうなのですぐに次戦が決まるかもしれません。

 

反対にムハマッドは右目が心配です。かなり深く入っていて、血が出ていました。前回の試合も相手の指が入るアクシデントがありました。

 

ムハマッドの回復を祈ります。

 

メインカードの二試合目には、元Rizinバンダム級チャンピオンのマネル・ケイプが登場しました。

 

前回はフライ級ランキング5位のアレッシャンドリ・パントージャに判定負けをしていて、今回の試合は落とせませんでしたが、また負けてしまいました。

 

とても接戦でどちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、マテウス・ニコラウが勝利しました。

 

ケイプは判定に不満のある態度を取ります。めちゃくちゃ既視感のある光景でした笑。

 

今回の試合も前回同様、もう少し攻めるべきだったと思います。

 

しかし、打たれ強さは健在で、ケイプが効いている様子は一度も見られませんでした。

 

そのためもう少し勝負に出ても良かったかなと思います。

 

ランキングにも入っていないファイターにも負けてしまったため、ケイプはかなりヤバい状況になったと思います。

 

次の試合にも負けてしまうと、もしかするとケイプはリリースされてしまうかもしれません。

 

ケイプがこんなに通用しないとは思いませんでした。次こそは勝利してほしいです。

 

来週のUFCFightNightのメインイベントではミドル級マッチが行われます。試合展開の予想はまた語りたいと思います。

 

終わります。