素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

Bellator258 試合前予想

こんにちは。

 

今回は日本時間5月8日に行われるBellator258について語りたいと思います。

 

今回注目している試合はメインイベントのバンダム級タイトルマッチ、フアン・アーチュレッタVSセルジオ・ペティスです。

 

Bellator258では、バンダム級タイトルマッチの他に、ライトヘビー級GPの一回戦として、アンソニー・ジョンソンVSヨエル・ロメロが予定されていましたが、ロメロが欠場し、ホセ・オーガストが出場することになりました。

 

元UFCファイターのロメロの試合がとても楽しみでしたが、欠場することになり残念です。

 

しかし、Bellator258では、パトリッキー・フレイレマイケル・ヴェノム・ペイジが出場予定で、盛り上がり間違いなしです。

 

そんな注目カードが溢れる今回の大会においてメインイベントは最も見逃せません。

 

その理由は、Rizinバンダム級チャンピオンの堀口恭司が対戦する可能性が高いからです。

 

堀口は元Bellatorのバンダム級チャンピオンで、怪我のため王座を返上していました。

 

堀口はいつかBellatorのベルトも奪い返すと発言しているため、今回のBellatorのタイトルマッチの勝者は堀口との対戦が決定する可能性が高いです。

 

現チャンピオンのアーチュレッタは今回の試合が初の防衛戦になります。

 

先日、Bellatorバンダム級ランキング2位のパトリック・ミックスに勝利し、空位となっていたバンダム級チャンピオンになりました。

 

アーチュレッタは非常にファイトIQの高いファイターの印象があります。

 

打撃も寝技もできて、弱点の少ないファイターです。実際にBellator二階級チャンピオンのパトリシオ・フレイレと戦った時は判定までもつれました。

 

またアーチュレッタは以前から堀口との対戦を熱望しています。

 

対する挑戦者ペティスはランキング1位のファイターです。

 

ペティスの兄は、元UFCライト級チャンピオンのアンソニー・ペティスです。

 

ちなみに、兄のペティスはUFC離脱後PFLデビュー戦で判定負けをし驚きました。

 

今回タイトルに挑戦する弟ペティスも元UFCファイターで、UFC263でフライ級タイトルマッチに挑戦するブランドン・モレノや、UFC無冠の帝王ジョセフ・べナビデスなどに勝利するなど、UFCでも実績を残したファイターです。

 

 ペティスもアーチュレッタ同様何でもできて、創造性のあるファイターのイメージがあります。

 

そんな両者の予想される試合展開は以下の通りです。

  • アーチュレッタの判定勝ち
  • アーチュレッタの4RTKO勝ち
  • ペティスの判定勝ち
  • ペティスの1RKO勝ち

 

この中でもアーチュレッタが判定で勝利する可能性が高いと思います。

 

お互いにフィニッシュ力が高い訳ではなく、軽量級ということで判定決着になると予想します。

 

判定となるとアーチュレッタの方が勝つ可能性が高いと思います。

 

前述したようにアーチュレッタは非常に上手なファイターで、勝ち方を知っています。

 

自分の打撃を多く当て、効いてしまうような打撃はもらいません。たとえ、前半で押されても後半に巻き返し、試合を有利に進めることができます。

 

アーチュレッタは打たれ強さが強さの秘訣だと思います。そのため今回もペティスの打撃ではダウンしないでしょう。

 

同様にペティスも打たれ強くダウンするイメージが湧きません。

 

打撃は多くもらっても判定までもつれ込むと思います。

 

しかし、アーチュレッタはバンダム級より上の階級でも試合をするので、一発の破壊力はアーチュレッタに分があります。

 

ペティスが序盤から何度もパンチをもらってしまうと後半に力尽きる可能性もあります。

 

その他に考えられる試合展開はペティスの1RKO勝ちです。

 

アーチュレッタは軽やかなステップから一気に飛び込んで打撃を打ちます。

 

その時にペティスがカウンターの打撃をヒットさせる場合が考えられます。

 

ペティスは当て勘が良さそうなので、もしかするとクリーンヒットするかもしれません。

 

お互いに寝技が得意なのでサブミッションによる決着はないと思います。

 

したがって今回の試合で注目するべきポイントは打撃の攻防だと思います。

 

とにかく、この試合は堀口の今後を考える上で見逃せない試合です。

 

個人的にペティスよりアーチュレッタの方が堀口にとって危険な相手だと思います。あんなに弱点の少ないファイターは戦いづらいと思います。

 

私は、堀口が負けるかもしれないという状況で試合が行われることの方が興奮します。

 

Rizinで堀口と互角の戦いができるファイターはほぼいません。

 

やはり格上と戦ってほしいです。そのため私はさっさとUFCに復帰してほしいです。

 

最近、日本の格闘技は盛り上がりを見せていて、様々なキャラクターが出てきました。堀口がいなくても、十分日本の格闘技界を引っ張っていけるファイターがいます。

 

日本人男子唯一のUFCファイター佐藤天も最近試合がなく、少し寂しいです。

 

UFCという舞台で日本人ファイターが戦うところが見たいので堀口にはUFCで戦ってほしいです。

 

少し話がそれましたが、5月8日のBellatorバンダム級タイトルマッチは見逃せません。

 

終わります。