素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

UFC262 試合前予想

こんにちは。

 

今回は日本時間5月16日に行われるUFC262について語りたいと思います。

 

今回注目している試合はメインイベントのライト級タイトルマッチ、セミメインのライト級マッチの2つです。

 

元々セミメインではウェルター級マッチ、レオン・エドワーズVSネイト・ディアスが組まれていましたが、ディアスの負傷によりUFC263に試合が流れました。

 

めちゃくちゃ楽しみでったので残念です。

 

本題に戻りまして、メインイベントのライト級タイトルマッチ、チャールズ・オリベイラVSマイケル・チャンドラーから語りたいと思います。

 

永くUFCのライト級チャンピオンとして君臨し続けた絶対王者ハビブ・ヌルマゴメドフの引退により空位となったライト級の新チャンピオンを決める試合になります。

 

オリベイラはライト級ランキング3位のファイターで寝技が得意なファイターです。

 

前回は当時ランキング3位のトニー・ファーガソンに下馬評を覆す勝利を収め、今回のタイトルマッチの切符を手にしました。

 

対するチャンドラーは元Bellatorライト級チャンピオンで、UFCデビューしてから未だ一勝しかしていませんが、当時ランキング5位のダン・フッカーを相手に1RでKO勝ちしたことから一気にタイトルマッチが決定しました。

 

ライト級は最も選手層の厚い階級であるため、オリベイラやチャンドラー以外にもタイトルマッチにふさわしいファイターはゴロゴロいます。

 

そのため今回の試合に勝利しても、満足できるものではないと思います。

 

それでもオリベイラは悲願のチャンピオンを目指し、チャンドラーは二団体制覇を目指し、死に物狂いで戦うと思います。

 

そんな試合つまらない訳がありません。

 

予想される試合展開は以下の通りです。

  • オリベイラの1,2R一本勝ち
  • オリベイラの判定勝ち
  • チャンドラーの1RKO勝ち
  • チャンドラーの判定勝ち

この中でもオリベイラが判定で勝つ可能性が高いと思います。

 

今回の試合はいくつもの試合展開が考えられますが、オリベイラが判定で勝利する可能性が高いと思います。

 

オリベイラが判定で勝利する場合の試合展開としては、序盤にチャンドラーの打撃に押されながらもフィニッシュはされずに、グラウンドの展開でも一本のプレッシャーをかけ、チャンドラーの試合にさせず、中盤以降盛り返し判定で勝利するというパターンです。

 

チャンドラーは打撃が得意で、序盤からプレッシャーをかけていくファイトスタイルであるため、序盤はオリベイラがチャンドラーのプレッシャーに対応する時間があると思います。

 

そしていくつかパンチをもらい、負けてしまいそうになってもオリベイラには寝技があります。一発で失神してしまわない限り、負けることはないと思います。

 

むしろ、オリベイラが効かされた後、一発逆転の一本勝ちの可能性もあります。

 

もちろんチャンドラーのグラウンド能力も高いです。レスリングが得意なウェルター級チャンピオンのカマル・ウスマンともレスリングで張り合えるレベルです。

 

しかし、オリベイラの極めの強さは異常です。少しでもスキを見せると一瞬で極めに入ります。

 

このことはチャンドラーも把握していると思うので、無理に寝技で勝負することはしないのではないかと思います。

 

そして中盤以降、オリベイラは蹴り技で試合を有利に進めていくと予想します。

 

オリベイラは寝技だけでなく、打撃も強く、特に蹴り技が得意な印象があります。ローキックや膝蹴りなども多用し、これまでいくつも蹴り技による有効打を当ててきました。

 

特にローキックの威力はUFCファイターの中でも高い方だと思います。

 

そしてチャンドラーはローキックを効かされてしまう場面が多いです。

 

Bellatorライト級タイトルマッチで、Bellatorライト級ランキング1位のブレント・プリムスにローキックを効かされ動けなくなり負けてしまいました。

 

その後プリムスとリマッチした際も、試合には勝ったもののローキックを効かされていました。

 

そのため今回もローキックが効かされてしまう可能性は十分にあると思います。

 

また、チャンドラーのパンチにオリベイラが膝を合わせることも考えられます。

 

このように中盤以降はスタンドでもグラウンドでもオリベイラが試合を有利に進めるのではないかと考えます。

 

反対にチャンドラーが勝利する試合展開としては1RでKOする場合と、終始打撃でオリベイラを圧倒し、判定で勝利する二つの試合展開が考えられます。

 

前述したように序盤はチャンドラーが打撃で押す可能性が高いです。

 

そこで、オリベイラが一発で失神するようなパンチがヒットすれば、1Rで試合が終わってしまうかもしれません。

 

または、チャンドラーのグラウンド能力が私の予想を超え、グラウンドでも十分オリベイラと勝負できれば判定で勝利する可能性もあります。

 

それでもオリベイラに一本で勝利することはないかなと思います。

 

できてもオリベイラをコントロールするだけで、動きのない展開だと思います。

 

様々な試合展開が考えられる中で、寝技が得意なファイターはかなり有利だと思います。特にオリベイラのように、全ファイターの中でも指折りのグラウンド能力の高さだと、対戦相手はかなり苦戦するでしょう。

 

オリベイラが勝利すれば、ライト級のトップファイターはかなり戦いづらいチャンピオンに感じると思います。

 

決して全ての能力が高い訳ではありませんが、あの寝技の強さは不気味です。

 

反対にチャンドラーが勝利すれば、UFCに永くいるファイターは黙っていないでしょう。

 

UFCデビューから二戦目でタイトルマッチは異例だと思います。もちろんタイトルマッチができる強さはありますが、UFC戦績では、他にもタイトルマッチにふさわしいファイターがいました。

 

そのため、今回の試合でチャンドラーが勝利すれば、ライト級ランキング1位のダスティン・ポイエーや、2位のジャスティン・ゲイジーが対戦を要求するでしょう。

 

ポイエーはUFC264でランキング6位のコナー・マクレガーとの三回目の試合が予定されているため、その試合の結果次第にはなりますが、勝利すれば間違いなくタイトルに挑戦する権利が与えられると思います。

 

 オリベイラが勝っても、チャンドラーが勝っても、次の試合がすでに楽しみです。

 

次はセミメインのライト級マッチ、トニー・ファーガソンVSベニール・ダリウシュです。

 

ライト級ランキング5位と9位の戦いになります。

 

ファーガソンは元ライト級暫定チャンピオンで、UFCファイターの中で人気者の一人です。

 

何でもできて、他のファイターと比べて一風変わったファイトスタイルです。

 

狂気的な強さで連勝を重ね、ライト級の絶対王者ヌルマゴメドフを唯一倒せるファイターと言われるほどでしたが、現在連敗中です。

 

反対にダリウシュは、今UFCで最も勢いのあるファイターの一人です。

 

UFC248ドラッカー・クロースと対戦した際に、クロースが右ストレートをヒットさせ、ダリウシュがぐらつきます。

 

ダリウシュが負けてしまうと誰もが思いましたが、仕留めようとしたクロースに逆にパンチをヒットさせ、今度はクロースがぐらつきます。

 

そして、ダリウシュが仕留めKO勝利しました。

 

この大逆転劇を見ていた、実況・解説は大興奮で、その時の表情にスポットがあたり、一時期話題になりました。

 

その試合でダリウシュは一気に有名になり、その後も勝ちを重ね、今回の試合に至ります。

 

ダリウシュは打撃やレスリングが得意なファイターです。

 

そんな両者の予想される試合展開は以下の通りです。

  • ファーガソンの2RKO勝ち
  • ファーガソンの判定勝ち
  • ダリウシュの判定勝ち

この中でもダリウシュが判定で勝利する可能性が高いと思います。

 

今回の試合はどちらが勝ってもおかしくない試合だと思います。また名勝負の予感がします。

 

実績・実力ともにファーガソンの方が上の気がしますが、ダリウシュもかなり強いです。

 

勢いは確実にダリウシュですが、勢いだけではないと思います。実力でもファーガソンとそれほど差はないと思います。

 

それでも、ファーガソンの方が勝つ可能性が高いかなと思います。

 

序盤からファーガソンが打撃で圧倒し、判定で勝利するのではないかと思います。

 

ファーガソンはトリッキーな打撃で、エルボーはスピニングエルボーなどを多用します。

 

それらの打撃がヒットし2RあたりでKOすることも考えられます。

 

しかし、現在ファーガソンは連敗中であるため、これらの打撃が勢いよくヒットするかは分かりません。

 

前回の試合も、これまでのファーガソンの勢いが見られず、調子が悪いように見えました。

 

そのスランプから抜け出せていれば、今回の試合はKO勝利が期待できます。

 

反対にダリウシュが勝つ場合は判定だと思います。

 

調子の悪いファーガソンでもKOフィニッシュされる可能性はかなり低いと思います。

 

UFC社長のデイナ・ホワイトに「ファーガソンは人間じゃない」と言わしめた打たれ強さは異常です。

 

ダリウシュのパンチは破壊力がありますが、ファーガソンを仕留めることはできないと予想します。

 

そのため、ファーガソンに判定で勝利する時は、打撃でファーガソンに負けずに、グラウンドで試合をコントロールする場合だと思います。

 

ダリウシュはレスリングが得意であるため、今回の試合はダリウシュがいくつかテイクダウンをとると思います。

 

そのレスリングにファーガソンが対応できなければ、ダリウシュに試合を有利に進められ負けてしまうかもしれません。

 

今回の試合はファーガソンの調子に懸かっていると思います。

 

調子が悪ければ確実にダリウシュに喰われます。

 

ファーガソンが負けてしまえば、三連敗となり崖っぷちです。反対に勝利すれば、タイトル戦線に戻ることができます。

 

ぜひファーガソンにはタイトルに絡んでほしいです。あんなファイター魅力しかないです。

 

ダリウシュが勝利すればライト級の選手層がより一層厚くなります。

 

メインイベントの試合も含めUFC262は今後のライト級のトップ戦線において重要な大会になります。

 

元チャンピオンのヌルマゴメドフが引退したことで、さらに面白くなってきた気がします。

 

絶対に見逃せません。終わります。