素人が格闘技を語りたい

主にMMA、プロレス、たまにキックボクシング

UFC FightNight フォントVSガーブラント 試合前予想

こんにちは。

 

今回は日本時間5月23日に行われるUFCFightNightについて語りたいと思います。

 

今回注目している試合はメインイベントのバンダム級マッチ、ロブ・フォントVSコーディ・ガーブラントです。

 

バンダム級ランキング3位と4位の戦いになります。

 

バンダム級は、先日行われたUFC259でチャンピオンのピョートル・ヤンに挑戦者アルジャメイン・スターリングが勝利し、トップの入れ替わりがありました。

 

しかし、この試合はヤンの失格負けであり、試合内容はヤンが優勢でした。

 

そのため、バンダム級のトップはヤンであるという認識をしている人が多いと思います。

 

一応チャンピオンのスターリングは、現在リハビリ中であるためヤンとのリマッチはもう少し時間がかかりそうです。

 

ちなみに、反則攻撃を受けた後のスターリングのふるまいがグラミー賞並みだと言われていました。

 

私の予想は、今回のフォントとガーブラントの勝者がヤンと暫定チャンピオンを決めるタイトルマッチを行うと思います。

 

2位のコーリー・サンドヘイゲンは元バンダム級チャンピオンのTJ・ディラショウとの対戦が予定されていましたが、ディラショウの負傷により流れました。

 

個人的にはサンドヘイゲンが一番タイトルマッチにふさわしいファイターだと思いますが、ディラショウ又は他のファイターと一戦戦う必要があるかもしれません。

 

噂では7月にサンドヘイゲンVSディラショウがもう一度組まれるらしいです。

 

他の階級と同じく、バンダム級もトップ戦線は混戦状態です。

 

そのような状態の中、今回の試合は混戦の中から頭一つ抜けられる試合になると思います。

 

ランキング3位のフォントは、当時ランキング3位のマルロン・モラエスに勝利したことで一気にランキングを上げました。

 

打撃が得意なファイターで、基本的に何でもできるイメージがあります。

 

対するガーブラントは元バンダム級チャンピオンで、人気ファイターの一人です。

 

打撃やレスリングが得意なファイターで、テイクダウンディフェンスは脅威の100%を誇ります。

 

UFC217でのディラショウとのタイトルマッチに敗れてから調子を崩し、三連敗していましたが、UFC250ハファエル・アスンソンと戦った際に2R終了のブザーと同時に右フックをヒットさせ失神KOで、悪い流れを断ち切りました。

 

そんな両者の予想される試合展開は以下の通りです。

  • フォントの1RKO勝ち
  • フォントの判定勝ち
  • ガーブラントの2RKO勝ち

この中でもガーブラントが2RでKO勝ちする可能性が高いと思います。

 

両者打撃が上手く、序盤はジャブやローキックなどを出し合う展開になると思います。

 

そのため早い段階で決着がつくことはないと予想します。

 

お互いに打撃を出し合い、距離が近くなったところで打撃が交錯し、一旦離れ、再びジャブを出し合い、距離が近くなったらまたパンチが交錯するという展開が何度か繰り返されると思います。

 

軽量級ということもあり、カウンターがまともに当たらない限りすぐにKOすることはないかなと思います。

 

それでも両者は、好んで打ち合いをする印象があります。特にガーブラントはノーガードで打ち合うこともあります。

 

私は今回、打ち合いの中でガーブラントのパンチがヒットし、ダウンを奪うと思います。

 

1Rはあまり試合が動かず、2Rあたりから両者積極的になり、打ち合いになったところでガーブラントのパンチがヒットするのではないかと思います。

 

ガーブラントは判定決着が少なく、「やるか、やられるか」というファイトスタイルです。

 

そのため、MMAファンの中ではかなり人気者です。

 

今回も衝撃的なKOで勝利するのではないかと思います。

 

反対にフォントが勝つ場合は、判定で勝利する可能性が高いと思います。

 

前述したように打撃が上手ですが、組み付いてテイクダウンを取る場面も見ます。

 

そのため、打撃でガーブラントに負けず、中盤あたりからテイクダウンも混ぜ、終始試合を有利に進め、判定で勝利することが考えられます。

 

フォントが勝利する場合として、もう一つ考えられる試合展開は1RKO勝ちです。

 

ガーブラントはKOが多く、ハードパンチャーのファイターですが、試合は丁寧に組み立てる印象があります。

 

そのため、序盤はフォントがプレッシャーをかける展開になると予想します。

 

そして、1R後半あたりに距離が近くなったところでフォントが一発当てることも考えられます。

 

1Rで決着がつく可能性は低いですが、もし決着がつくならフォントだと予想します。

 

ガーブラントが勝利すれば、もう一度チャンピオンに返り咲くために大きく前進しますし、フォントが勝っても初のタイトルマッチが実現するかもしれません。

 

両者タイトルに近いため今回の試合は見逃せません。

 

終わります。